食事を変える | 脂漏性角化症の治療は専門機関で行おう|ザラザラ肌からツルツル肌へ

食事を変える

医師と女性患者

高カロリーを摂取する現代

以前と比べて食事のスタイルも魚から肉食に変わり、食事のスタイルも欧米化になりつつあります。また手軽に食べられるファーストフードやコンビニエンスストアのお弁当により、高カロリーの摂取により肥満傾向になりつつあります。過剰摂取により成人病の危険が高まり現代の問題になっています。その中の一つで成人男性に見られる特有の病気の一つで痛風があります。通風は尿酸の数値が上がることで、血液に溶けきれず尿酸が蓄積していきま。そして結晶になり関節に沈着して痛風を引き起こします。まれに痛風発作になり痛みが数日続き場合によっては足が腫れ歩く事も困難なケースもあります。痛風の悪化により高血圧症や腎障害などの様々な合併症を引き起こす事もあるので、油断できない病気です。

症状を軽減するための治療方法

痛風は一般的に投薬治療です。毎日1日に2回か1回服用します。症状によってお薬の量も変わってきます。場合によってはすぐに治るケースもありますが、基本的に毎日の生活習慣を変えない限り、また発作を繰り返します。医師の判断ではなく自分の判断で薬を中断すると尿酸が体内に蓄積されまた痛風を引き起こします。安定しているからと思って服用の中断はよくないので長期的に治療して改善していく必要があります。また食事療法も効果的です。肉や魚の内臓系に含まれるプリン体の過剰摂取を控える事や野菜を多く摂ったりする事も効果的です。またアルコールを控えたり、ストレスを普段から適度に発散する事も大事です。生活習慣を改める事で結果、健康的な体になる事になります。